トレチノインでターンオーバー促進

わき、VIO脱毛の色素沈着はトレチノインで

カミソリで無駄毛の自己処理を続けていると、色素沈着に悩まされるケースが増えてきます。
自己処理は肌への負担が大きく、カミソリは肌に必要な角質までも削ぎ落としてしまう事から、色素沈着が出来やすいのが特徴です。

特に両わきやVライン、Iライン、Oラインといった部分の皮膚は刺激に弱い為、色素沈着から黒ずみが出来やすいと言われています。
この部分に出来た黒ずみを解消するには、VIO脱毛を受け無駄毛の自己処理を行わない事がお勧めです。
レーザーなど永久脱毛の効果がある方法で、わきやVIO脱毛を受ければ、その後自己処理する必要はありません。
肌を傷める事が少なくなるので、結果、新たな色素沈着も出来にくくなります。
しかし、今現在ある色素沈着はわきとVIO脱毛では解消できません。

そこで脱毛と一緒に活用したいのが、「トレチノイン」配合の外用薬です。
トレチノインはメラニン色素を排出する作用に、優れた成分として医療機関では美白治療にも用いられています。
自己処理による色素沈着も、メラニン色素が作られる事で起こると考えられています。
カミソリなどで肌にダメージが加わると、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られてしまうのです。
また、自己処理による肌の乾燥もメラニン色素が作られる、原因となってしまいます。

トレチノインは肌の奥深くにある細胞の働きを、活性化する作用を持っている成分です。
肌細胞の働きが活発になり、どんどん新しい細胞が作られるようになります。
すると、メラニン色素が沈着した細胞は、肌の表面へと徐々に浮かび上がってきて、最終的には垢として剥がれ落ちるのです。
トレチノインは肌表面だけでなく、奥の細胞にまで作用する為、メラニン色素の排出効果に優れています。
ですので、長年の自己処理で出来た色素沈着の改善に、トレチノインは有効と言えるでしょう。