トレチノインでターンオーバー促進

研究所も勧めるトレチノイン療法やピーリング

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体でレチノールの100倍ほどの薬理作用を持つとされており、皮膚のターンオーバーを強力に促進する働きがあるため、シミやしわの治療用クリームに配合されることがあります。
また、ニキビの治療用に使われることもある成分で、アメリカではこの成分が配合された薬がニキビの第一選択薬になっています。
シミやしわの改善は多くの人にとって重要な関心事であるため、インターネット上でも多くの研究所がトレチノインに関する情報を載せています。
美白やスキンケアの研究所では、トレチノインは皮膚の若返りの薬とも呼ばれていますが、それはこの成分が表皮の細胞をどんどん分裂させて皮膚の再生を促すことや、真皮でコラーゲンの分泌を高めることで長期的に皮膚にハリを与えて小じわを改善する効果を持っているからです。
トレチノインは角質を剥がすことで毛穴を詰まりにくくするのでニキビに効果が期待出来、その際角層のメラニンも剥がすためシミの改善にも役立ちます。
他にも皮脂の分泌を抑えて毛穴に皮脂が詰まりにくくする働きもするので、ニキビ改善に効果的です。
トレチノインの角質を剥がしてシミやニキビを改善する効果は、ケミカルピーリングと呼ばれる治療でも同じように得られます。
ケミカルピーリングはフルーツ酸やサリチル酸を使って皮膚の表面を溶かし、古い角質を除去したり、皮膚の自然治癒力を利用してコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことで美肌へと導く療法ですので、効果は似ていてもトレチノインとは作用の仕方が異なっています。
ケミカルピーリングやトレチノイン療法は、皮膚科や美容皮膚科で受けられますので、ニキビやシミに悩んでいる人はこれらの治療法で綺麗な肌を目指してください。
なお、香川県でこれらの療法を受けたいなら高松市に扱っている皮膚科センターがあり、併設されたスキンケア研究所ではドクターズエステも受けられます。