初心者でも歓迎のダンススクール

高校でダンス人数が増えたのは

高校で特に女子のダンスがとても盛んになってきているのは、映画になったり大きなメデイアでその活躍が目覚しいことから多くの人々が知るようになっています。

ダンスの中心となっているのはヒップホップ・ロック・ディスコナンバーなどで踊る魅力は多くの生徒を集め、それを披露して自分たちの成長度を見極めるような大会も年々大規模になってきているのです。全国のかなりのダンスの高校でストリートダンスの流れを取り込んだダンス部への入部が人気沸騰と言われていることは、高校で部活の1つとしてこの10年の間で約900校から約1800校にと倍増したことからもわかります。

男女混合となっている所もありますがそのほとんどは女子部員となっており、以前の女子の人気の運動部と言えばバスケットやバレーボールなどだったのですが今日ではテニスやソフトテニスに次ぐのです。高校でダンスがこれほど多くの生徒を夢中にさせるのは2012年に中学校での授業に現代的リズムが取り入れられたことが最も大きなことで、高校でも選択科目の1つとなっていることが大きいといえます。

そのほかにはアーティストや人気グループの台頭により、踊ることが生活の中に浸透してきたことがあるのです。またスマートフォンの普及により自分たちの踊りの動画をアップして人前に踊って見せることはより抵抗感が少なくなっていることもあげられます。そして以前はストリート系は社会性がないのではと思われていたのですが、現在ではそのようなことが全くなくなっていることも追い風となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *