綿・羽毛布団打ち直し - 羽毛布団をクリーニングするメリット

綿・羽毛布団打ち直し

subpage01

打ち直しとは、いわゆる煎餅布団といわれるような湿気でカチカチになった中に入っているものを出してクリーニングし、新品同様にふっくらとさせる技術のことをいいます。

布団の打ち直しの最新情報をご提供します。

現在では古くなったものはクリーニングに出す手間とかかる金額を考えると捨ててしまって新しいものを買い替える方が安くすむくらいに布団も安価となりましたが、婚礼布団などは良い綿をたっぷりと使って作られているものも多いので打ち直しを検討してみるのも良いかもしれません。

工程は、側生地をはがして中綿を取り出し軽量して足りない分量を計測します。
取り出した綿と、追加する綿を専用の機械でよくほぐします。

ここで小さなごみ、傷んで使えない綿を取り除きます。

ほぐし終えた綿を薄いシートにして何枚も重ね一定の厚さにしてきます。

これで綿の打ち直し完了です。

一定の厚さにした綿を規定量になるように何層か丁寧に重ね側生地に入れて縫い閉じると、信じられないくらいのボリュームのある布団に生まれ変わります。



羽毛布団も打ち直しが可能です。



以前より温かく感じなくなってきた、匂いが気になる、羽毛がかたよってきている、側生地から羽毛が飛び出してきたなどのサインがあればその時期かもしれません。

羽毛の場合も中の羽毛を取り出し、ごみを取り除き、専用の洗剤で羽毛を洗います。


洗った後は高温で乾燥させそれを素早く冷却することで羽毛をよみがえらせます。
その後規定量に足らない分量を足し側生地につめて完了です。
打ち直し作業は専用の機械と熟練した技術を要しますので、信頼できるクリーニング店や寝具専門店に任せることをおすすめします。