綿の種類で価格が違う布団打ち直し - 羽毛布団をクリーニングするメリット

綿の種類で価格が違う布団打ち直し

subpage01

布団の打ち直しは費用面から考えても新たに買いなおすよりもお得に仕上がる場合が多いため、古くなってきて煎餅のように平たくなってきたら利用する人が増えています。

中に入っている綿にはインドやメキシコなどで作られているもののほかにポリエステルで人工的に作られたものもあって、天然綿だと値段が高めになるので布団打ち直しを依頼するときには注意しましょう。

布団の打ち直しはこちらのサイトで情報公開中です。

ミックスして使うことで温かさやふっくらした状態を保ちつつ、価格を抑えた布団打ち直しをしてもらえる場合が信頼できる店舗で行ってもらわないと天然綿を使っていないのにミックスしたと偽って通常より高い価格を請求するところもあるため、これまで伝統的に布団打ち直しを行ってきていて信頼できる店舗に依頼することがリスク回避につながります。寝具を販売しているお店や専門店などに依頼すると考えがちですが、クリーニング店でも布団打ち直しを導入している店舗があり、専門店よりも価格が安いことがあるので比較しましょう。

もともと使われていた綿を洗って乾燥させ、殺菌などを行い再利用する際にクリーニング店だと高い洗浄力が期待できて、長年使うことでしみ込んでしまった汗や皮脂汚れなどもきれいに落としてもらえます。



新品同様の状態で戻ってきますがそのまますぐに使うのではなく、日向に干してから使うとより一層ふわっとした状態で使えます。



干した後にたたきでほこりを落とすと生地や綿をダメにしてしまうので、たたきは撫でるように使うことが望ましいです。